2009年09月13日

船中八策

明治維新前に活躍した志士は数いても、龍馬程維新後の日本を思い描いて活動していた人物はいません。龍馬が考えた船中八策を見れば、まさに雄弁に龍馬の描いていた日本が読み取れます。
「第一策:天下の政権を朝廷に奉還せしめ、政令よろしく朝廷より出づべき事」
「第二策:上下議政局を設け議員を置きて、万機を参賛せしめ、万機よろしく公儀に決すべき事」
「第三策:有材の公卿・諸侯。および天下の人材を顧問に備え、官爵を賜い、よろしく従来有名無実の官を除くべき事」
「第四策:外国の交際、広く公議を採り、新たに至当の規約を立つべき事」
「第五策:古来の律令を折衷し、新たに無窮の大典を選定すべき事」
「第六策:海軍よろしく拡張すべき事」
「第七策:御親兵を置き、帝都を守衛せしむべき事」
「第八策:金銀物価、よろしく外国と平均のほうを設くべき事」
スポンサードリンク
posted by 我のみ at 23:31| 坂本竜馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。